ホールだと葬儀の準備がすべて整っているので、身体一つで行くだけですべてが行えるからだと思います。
最近は葬儀を自宅では無くホールで行うか家族が多いです。

最近は葬儀を自宅では無くホールで行うか家族が多いです。

ホールでの葬儀は非常に楽です。

衣装だけを持っていけば、後は何の準備もいりません。お通夜や本葬の時間前に余裕を持て行くだけで何の問題も無いのですから、大変楽で良いと思います。
自宅で行うとなるとまず祭壇の準備に取りかかる前に、部屋の片付けから行わなければ行けなくなります。
いらない荷物を他の部屋へ運び、親戚なども寝られる様にもしなければ成りません。これだけでも大変です。

次に祭壇作りです。

白黒の幕が張られ、祭壇の準備がおこなわれて行きます。
子供などがいるとほったらかしになってしまうほど、準備にせわしなく追われます。
もちろん、お昼や夕食の準備などもする必要があります。
お寺さんを呼ぶ準備をする必要も有り、納棺の準備も必要です。

納棺が済み、祭壇に祭られるとその後に祭壇の飾り付けがおこなわれます。
菊の花できれいに飾られていきます。
玄関の前には水車などの簡単な庭が出来上がり、受付のテントなども用意されます。

受付などは会社関係かご近所の人がおこなってくれうので、ホールの場合と変わりません。お通夜が済み、ドンドン人がいなくなると非常に寂しくなります。
親戚などと故人を思い出しながら、のんびりと話が出来ます。
ホールの場合も、そこで寝泊まりが出来る事が多いので、同じ様に故人を偲ぶことが可能です。

翌日になると本葬です。

自宅では食事の用意も必要になります。
ホールでは、近くのレストランなどで済ます形になるはずです。

本葬が終われば、祭壇やテントなどの片付けがおこなわれて行きます。
その後お骨を祭る小さな祭壇が出来上がり、49日が住むまではそこでお参りです。

自宅では仏壇なども扉を閉めておくような風習など、すべて葬儀屋さん聞きながらやっていかなくてはいけません。ホールでおこなうと非常にシステマチックな感じに思いますが、、家族にとっては、ほとんどすることが無いので非常に楽だと言えます。
我が家は両親とも自宅で葬儀を行いましたが、自分の時はホールでおこないたいと考えています。

Copyright (C)2017最近は葬儀を自宅では無くホールで行うか家族が多いです。.All rights reserved.